沖縄格安ツアーを利用して思い切り羽を伸ばそう

男女

航空会社によって違う点

海

メリットデメリット

格安ツアーを利用する旅行者が増えていますが、中でも沖縄格安ツアーは人気があります。誰でも安いとなるとすぐにでも予約したくなりますが、その前に知っておきたいポイント、気を付けたいポイントがいろいろあります。それらをよく把握して沖縄格安ツアーを楽しみましょう。沖縄に行く際に利用する交通機関は飛行機という事です。本土を結ぶいくつかの航路もありますが現在では飛行機利用がほとんどです。のんびりした船旅も旅情があっていいものですが、時間も費用も掛かってしまうので旅行費用は高めになってしまいます。沖縄格安ツアーは飛行機ですが、利用する飛行機にも既存の航空会社の飛行機と、最近増えたLCC(格安航空会社)の飛行機があります。航空運賃は既存の航空会社が高めで、LCCは安めです。旅行費用のほとんどが航空運賃と宿泊費代で占めるので、沖縄格安ツアーで使用する航空会社はLCCが多くなっています。既存の航空会社の飛行機を利用した沖縄格安ツアーの傾向として、行きの出発時間が遅めで帰りの到着時間は早め、あるいは遅めに設定してあります。例えば行きは午後1時とか3時に時間に出発で、帰りは午後5時に帰着などと設定されています。LCCは反対に早朝出発、夜遅く帰着などという便の設定になっていたりします。これは出発日と帰着日は観光などに時間を有効に使えないという事ですが、空港まで行くのに電車や車を使う際など、朝夕の混雑を避けるという事につながります。大都市などは朝夕は電車も車もラッシュで混み合います。高齢者や子供を同伴してるファミリー客、アウトドアで使用する大きな荷物を持ったレジャー客はこうした時間を外す事によって、ストレスなくスムーズに移動が出来るのが利点といえます。

海で行うスポーツ

ダイビング

東京でダイビングの予約を取るときには、インターネットを利用して業者のサイトから、空席情報を確認して申し込みを行います。人気の季節にはダイビングの予約は、すぐに埋まってしまいます。空席情報は随時更新しているため、予約が取れなかった時には定期的に情報を確認して、空席が出るのを待ちましょう。

比較サイトを使うと便利

レディ

ネットの旅館予約サイトを利用すれば、電話をかけなくでも簡単に宿泊予約ができます。予約サイトによっては、プランや料金に差がありますので、比較しながら選ぶようにしましょう。また、予約の前には、キャンセル料がいつからかかるのか確認しておくと安心です。

有名花火を楽しむ

電卓

花火大会を目的に旅行に行くときは、スケジュールの立て方と予約方法にコツが必要です。花火大会までどうやって時間を潰すか考えたり、確実に楽しめる席を確保しておいたりしましょう。予約は早めに行い、空席情報がすぐに確認できるサイトを利用すべきです。